「花子とアン」で吉高の夫役 鈴木亮平の“素顔”は超インテリ

公開日:  更新日:

東京外大卒で英語ペラペラ、独語も!

 今週は「村岡印刷さん」との不穏な雰囲気で終わった朝ドラ「花子とアン」。番組HPの「登場人物」によると、「村岡印刷さん」こと村岡英治は花子の同級生・醍醐亜矢子と恋仲ということになっているが、一方で安東はなの夫ともなっているから、醍醐とひと悶着あってから、はなと結婚することは今から見えている。

 この村岡英治を演じるのが鈴木亮平(31)。実はこの鈴木、超のつくインテリだからビックリだ。東京外大で英語を専攻してきた英検1級の持ち主だが、秀才ぶりは高校時代からズバ抜けていた。通っていたのは偏差値62の兵庫県立芦屋南高校(現・国際高校)で、1年間交換留学でアメリカにわたっている。そこで俳優を目指すことになり、「ならば東京へ」と外大を受けた。留学経験があるから英語はペラペラだったろうが、実はこの人、同時に全国高校生ドイツ語スピーチコンテストでも優勝しているというからスゴイ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る