「S」不調で「安堂ロイド」の二の舞? 向井理の正念場

公開日:  更新日:

「『安堂ロイド』の呪いじゃないの?」(放送作家)なんて笑えない冗談が飛び交っている。

 TBS日曜夜9時枠の「S―最後の警官―」の第4回の視聴率が12.9%に急降下(2日放送、ビデオリサーチ調べ=関東地区)。イマドキ十分合格点だが、初回から6ポイントもダウンし、関係者をヤキモキさせている。

「前期同枠のキムタク主演『安堂――』も、初回19.2%と高視聴率だったのに、4回目で10.3%と、1ケタ寸前まで落ち込んだ。嫌な流れが似ているんですよね」(放送作家=前出)

 だから「呪い」というわけで、「S」も「安堂ロイド」のように低空飛行を続けるんじゃないかと囁かれているのだ。

「主演の向井理(31)が『ミスキャスト』という声は当初から耳にしますね。『S』の主人公・神御蔵一號は警視庁の特殊部隊の隊員で、元プロボクサーの熱い男という設定。表情が薄くてクールなイメージの向井とは、まるで正反対です」(制作スタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る