• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「S」不調で「安堂ロイド」の二の舞? 向井理の正念場

「『安堂ロイド』の呪いじゃないの?」(放送作家)なんて笑えない冗談が飛び交っている。

 TBS日曜夜9時枠の「S―最後の警官―」の第4回の視聴率が12.9%に急降下(2日放送、ビデオリサーチ調べ=関東地区)。イマドキ十分合格点だが、初回から6ポイントもダウンし、関係者をヤキモキさせている。

「前期同枠のキムタク主演『安堂――』も、初回19.2%と高視聴率だったのに、4回目で10.3%と、1ケタ寸前まで落ち込んだ。嫌な流れが似ているんですよね」(放送作家=前出)

 だから「呪い」というわけで、「S」も「安堂ロイド」のように低空飛行を続けるんじゃないかと囁かれているのだ。

「主演の向井理(31)が『ミスキャスト』という声は当初から耳にしますね。『S』の主人公・神御蔵一號は警視庁の特殊部隊の隊員で、元プロボクサーの熱い男という設定。表情が薄くてクールなイメージの向井とは、まるで正反対です」(制作スタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

もっと見る