「S」不調で「安堂ロイド」の二の舞? 向井理の正念場

公開日:  更新日:

「『安堂ロイド』の呪いじゃないの?」(放送作家)なんて笑えない冗談が飛び交っている。

 TBS日曜夜9時枠の「S―最後の警官―」の第4回の視聴率が12.9%に急降下(2日放送、ビデオリサーチ調べ=関東地区)。イマドキ十分合格点だが、初回から6ポイントもダウンし、関係者をヤキモキさせている。

「前期同枠のキムタク主演『安堂――』も、初回19.2%と高視聴率だったのに、4回目で10.3%と、1ケタ寸前まで落ち込んだ。嫌な流れが似ているんですよね」(放送作家=前出)

 だから「呪い」というわけで、「S」も「安堂ロイド」のように低空飛行を続けるんじゃないかと囁かれているのだ。

「主演の向井理(31)が『ミスキャスト』という声は当初から耳にしますね。『S』の主人公・神御蔵一號は警視庁の特殊部隊の隊員で、元プロボクサーの熱い男という設定。表情が薄くてクールなイメージの向井とは、まるで正反対です」(制作スタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る