CM制作でコラボ たけしとさくらももこの意外な関係

公開日: 更新日:

 「世界のキタノ」がマジだ。スナック菓子メーカー「カルビー」の新CM発表会に12日、出席。「映画よりも時間をかけて台本書いたかも。久々に頑張ってつくっています」と、自身初のCM制作について振り返った。

 今年で創立50周年の節目を迎える「カルビー」はテレビCMを完全リニューアル。ブランドごとではなく、全商品を対象としたCMのシリーズに一本化するという。その“プロデューサー”として起用したのが、ビートたけし(67)。かっぱえびせん、ポテトチップス、じゃがりこといった人気スナック菓子ぜ~んぶのPRとなれば、なかなかビッグな仕事である。

■たけし直々の指名

 CMは「下町喜劇」で全28体のキャラクターが登場するアニメ仕立て。たけしが原作と監修を手がけ、作画は「ちびまる子ちゃん」の作者でおなじみ、さくらももこ(49)が担当する。プロデューサー直々の指名でコラボが実現したというが、この2人、ひかれ合うものがあるらしい。もっとも男女の仲ではなく、「15年ほど前、さくらさんの文庫の対談企画で、<創作の原点は子供の頃の思い出だ>と意気投合していた。たけしさんは、自身の監督作品『菊次郎の夏』は“男版ちびまる子ちゃん”に近いと明かしている。作り手として感覚が近いのではないか」(出版編集者)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る