誕生50年でも主力商品 「かっぱえびせん」人気の秘訣

公開日:  更新日:

 カルビーの「かっぱえびせん」が今年、誕生50周年を迎える。発売以来の累計販売数は約63億袋。本数換算で約1兆本は圧巻だ(2013年8月現在)。

「あられ」といえば米からつくるのが当たり前の時代に、創業者の松尾孝氏(故人)が開発に成功した小麦粉のあられ「かっぱあられ」(1955年発売)。かっぱえびせんは、そのシリーズ最終版として、64年に誕生した。ヒントとなったのは、同氏の幼少期の大好物「小エビの天ぷら」だ。

「瀬戸内海では小エビが多く取れるが活用されていないことに着目。創業地・広島は鮮度のいいエビが手に入る。それを丸ごと使えば栄養に富んだお菓子がつくれると考え開発。試行錯誤の末、風味豊かでカルシウムも取れる商品が完成した」(ブランド・マネジャーの増田美穂氏)

 当時はスナック菓子のカテゴリーはなく、「その他」扱い。反響もいろいろだったが、製造技術の改良を重ねたことで支持を獲得し、大ブレーク。同社のナンバーワン商品となった。サクサク感と口どけのよさが後を引く。CMソング「♪やめられない、とまらない」はあまりにも有名だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る