• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

誕生50年でも主力商品 「かっぱえびせん」人気の秘訣

 カルビーの「かっぱえびせん」が今年、誕生50周年を迎える。発売以来の累計販売数は約63億袋。本数換算で約1兆本は圧巻だ(2013年8月現在)。

「あられ」といえば米からつくるのが当たり前の時代に、創業者の松尾孝氏(故人)が開発に成功した小麦粉のあられ「かっぱあられ」(1955年発売)。かっぱえびせんは、そのシリーズ最終版として、64年に誕生した。ヒントとなったのは、同氏の幼少期の大好物「小エビの天ぷら」だ。

「瀬戸内海では小エビが多く取れるが活用されていないことに着目。創業地・広島は鮮度のいいエビが手に入る。それを丸ごと使えば栄養に富んだお菓子がつくれると考え開発。試行錯誤の末、風味豊かでカルシウムも取れる商品が完成した」(ブランド・マネジャーの増田美穂氏)

 当時はスナック菓子のカテゴリーはなく、「その他」扱い。反響もいろいろだったが、製造技術の改良を重ねたことで支持を獲得し、大ブレーク。同社のナンバーワン商品となった。サクサク感と口どけのよさが後を引く。CMソング「♪やめられない、とまらない」はあまりにも有名だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る