日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「安室独立騒動」の余波でまたも遠のくSPEEDの「再始動」

 先月、夫でヒップホップグループ「ET─KING」のTENNさんに先立たれたSPEEDのメンバー・上原多香子(31)。通夜と葬儀・告別式では気丈に喪主を務めたが、まだまだ活動再開は難しそうだという。

「上原はTENNと大阪に住んでいたが、大阪に親類縁者がいないため、今後、生活の拠点を東京に移すようだ。とはいえ、まだまだショックから立ち直ることができず、事務所も年内いっぱいは活動休止させる方針」(芸能プロ関係者)

 とはいうものの、上原はいまだに事務所から毎月200万円もの給料をもらっているといわれており、稼働しないと事務所はたまったものではない。が、上原が不幸に見舞われたため、あるプロジェクトが中断してしまったようだ。

「何度目になるか分からないが、SPEEDが本格的再始動する予定だった。上原同様、メンバーの今井絵理子、島袋寛子、新垣仁絵は高級取りなのに“遊んでいる”状態。事務所は今年の夏に発覚した安室奈美恵の独立騒動で、売り上げの大幅減が見込まれるため、売り出し中の西内まりやとSPEEDで埋め合わせをしようとしていたが、来年以降にならないとSPEEDが稼働するメドが立たなくなってしまった」(音楽関係者)

 気になる安室問題だが、「いまだに事務所と平行線で、和解はしていない」(前出の音楽関係者)というだけに、安室問題の余波は思わぬところに及んでいるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事