「安室独立騒動」の余波でまたも遠のくSPEEDの「再始動」

公開日: 更新日:

 先月、夫でヒップホップグループ「ET─KING」のTENNさんに先立たれたSPEEDのメンバー・上原多香子(31)。通夜と葬儀・告別式では気丈に喪主を務めたが、まだまだ活動再開は難しそうだという。

「上原はTENNと大阪に住んでいたが、大阪に親類縁者がいないため、今後、生活の拠点を東京に移すようだ。とはいえ、まだまだショックから立ち直ることができず、事務所も年内いっぱいは活動休止させる方針」(芸能プロ関係者)

 とはいうものの、上原はいまだに事務所から毎月200万円もの給料をもらっているといわれており、稼働しないと事務所はたまったものではない。が、上原が不幸に見舞われたため、あるプロジェクトが中断してしまったようだ。

「何度目になるか分からないが、SPEEDが本格的再始動する予定だった。上原同様、メンバーの今井絵理子、島袋寛子、新垣仁絵は高級取りなのに“遊んでいる”状態。事務所は今年の夏に発覚した安室奈美恵の独立騒動で、売り上げの大幅減が見込まれるため、売り出し中の西内まりやとSPEEDで埋め合わせをしようとしていたが、来年以降にならないとSPEEDが稼働するメドが立たなくなってしまった」(音楽関係者)

 気になる安室問題だが、「いまだに事務所と平行線で、和解はしていない」(前出の音楽関係者)というだけに、安室問題の余波は思わぬところに及んでいるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る