キー局に強い野心 宮根誠司は「報道ステ」司会に色気丸出し

公開日:  更新日:

 古舘伊知郎の“降板”がまことしやかに囁かれる「報道ステーション」の次期キャスター候補として、宮根誠司の名前が一部で取り沙汰されている。

 自身の冠番組「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)に加え、「Mr.サンデー」(フジテレビ系)を持っているにもかかわらず、この話には色気を丸出しにしているというのだ。

「全国放送であることや、キー局であることに相当なこだわりを持っている。『ミヤネ屋』は、全国放送とはいえ準キー局制作。キー局の全国放送で帯番組の『報道ステーション』のキャスターは宮根にとって、双六でいえば“あがり”のポジションなのでしょう」(放送ライター)

 これまでも番組内で、たびたび全国放送へのこだわりを見せていた。ADが出したカンペを取り上げて「これなんなの?」と怒りをあらわにし、視聴者に「全国放送なのに僕らはこんなの書かれてしゃべらされてるんですよ。情けないわ~」と嘆いたり、番組終了後の反省会でスタッフに「ウチは全国ネット番組なんだから、もっと情報の精度を上げろ」と叱咤してみたり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る