打ち切り説のウラに権力闘争…「報ステ」古舘伊知郎の正念場

公開日:  更新日:

 テレビ朝日系の看板報道番組「報道ステーション」の打ち切り説が根強く流れている。

 番組の“生みの親”でもある早河洋会長が「ついに来春で打ち切りを決断した」とまことしやかに報じた週刊誌もあるほど。火のないところに煙ではないが、打ち切り説を肉付けする要素は局内にゴロゴロしている。

 そもそもの原因は、古舘伊知郎(59)とテレビ朝日の間がこじれていることにある。今年4月、「報道ステーション」10周年パーティーで挨拶に立った古舘は、番組スタート当時を振り返って「早河社長(当時)から好きなようにやってくれ。何の制約もないからと言われて始めたんですが、いざスタートしてみると制約だらけ。今では原発の『げ』も言えない」と、公然と局のトップを批判。

 古舘がこれほどまでに怒りをあらわにするのは、政権寄りの報道を志向する局側の姿勢だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  6. 6

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  7. 7

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  8. 8

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

  9. 9

    黒木華に初熱愛報道 “個性派”シフトで松田龍平射止めるか

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る