刺されていなかった…盲導犬オスカーは元気にしているのか

公開日: 更新日:

 埼玉県で7月、盲導犬のオスカー(オス8歳)が刺された事件。全国の怒声に押され、県警も30~40人の捜査員を投入するなど“犯人捜し”にシャカリキだった。

 ところが〈フォークで刺されたはずの盲導犬「実は刺されてなんか、いなかった」〉――一部週刊誌が11月に報じ、騒動はすっかり下火に。

「器物損壊容疑の捜査は継続中ですが、刺し傷と思われたのは、どうやら皮膚病の痕だったようです。当初からその可能性も指摘されていたのですが、マスコミが先走って騒動をあおりすぎた。オスカーを連れていた全盲の60代男性には何の罪もない。取材攻勢もあって精神的に参っている。ほとんど自宅にこもりきりと聞いています」(捜査事情通)

 もちろん、オスカーにも罪はない。今どうしているのか? オスカーを育てた盲導犬団体「アイメイト協会」に聞いてみた。

「どこで誰と一緒にいるかを含めて個人情報なので、答えられません。ただ、元気にはしていますよ」(広報担当者)

 何よりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る