刺されていなかった…盲導犬オスカーは元気にしているのか

公開日: 更新日:

 埼玉県で7月、盲導犬のオスカー(オス8歳)が刺された事件。全国の怒声に押され、県警も30~40人の捜査員を投入するなど“犯人捜し”にシャカリキだった。

 ところが〈フォークで刺されたはずの盲導犬「実は刺されてなんか、いなかった」〉――一部週刊誌が11月に報じ、騒動はすっかり下火に。

「器物損壊容疑の捜査は継続中ですが、刺し傷と思われたのは、どうやら皮膚病の痕だったようです。当初からその可能性も指摘されていたのですが、マスコミが先走って騒動をあおりすぎた。オスカーを連れていた全盲の60代男性には何の罪もない。取材攻勢もあって精神的に参っている。ほとんど自宅にこもりきりと聞いています」(捜査事情通)

 もちろん、オスカーにも罪はない。今どうしているのか? オスカーを育てた盲導犬団体「アイメイト協会」に聞いてみた。

「どこで誰と一緒にいるかを含めて個人情報なので、答えられません。ただ、元気にはしていますよ」(広報担当者)

 何よりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  8. 8

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

もっと見る