「いいとも!」終了から9カ月…新宿「スタジオアルタ」は今

公開日: 更新日:

 お昼の名物番組だった「笑っていいとも!」が3月末で終了。32年の幕を閉じてからはや9カ月、公開生放送が行われていた東京・新宿の“聖地”「スタジオアルタ」はどうなっているのか? もしかして、番組終了で売り上げ激減?

「確かに、定収入がなくなったのは痛手ですが、番組終了で逆に注目度が高まり、現在は一般の人の結婚式の2次会やイベント、衛星放送の番組収録など、幅広く利用されています」(アルタ広報担当者)

 ちなみに、スタジオを借りるだけなら、1時間4万5000円~。セットや人件費、雑費などは別途必要だ。

「アルタは誰でも使えるという認知が広がってきたことで、(売り上げも)次第に盛り返しつつあります」(前出の広報担当者)

 アルタの明日は「いいトゥモロー」。“タモロス現象”には陥っていなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る