覇気がなくしゃべりも…“ナビゲーター”上村愛子は前途多難

公開日:  更新日:

 11日夕方に放送された「上村愛子のイタダキ旅」は、故郷白馬などを巡る“帰郷ロケ”にかこつけて、17日からテレビ東京が放送する「スノボ&フリースタイルスキー世界選手権」の番宣バラエティー。90分間ずっと上村愛子を大事に扱っていた。

 上村は「世界選手権」で初ナビゲーターを務めるという。ただ、メーンではなく、はっきりいえば現地リポーターなのに、「イタダキ旅」では「19年間の現役を終え、新たな挑戦をする!」とナレーションであおり、スキー場で上村が「ナビゲーター、初挑戦します!」と告白。その場にゲストとして現れた世界選手権出場の西選手にインタビューを行った。つまり、この番組で現地リポートの実戦練習をさせたわけだ。しかも質問が詰まった時には一緒に旅した荻原次晴にフォローさせるという“特別待遇”だった。

 だが、覇気がなく、西選手がライバルと思う人をミカエル・キングズベリーと答えると「ミカエル・キング滑り(ズベリー)です」とダジャレを言ってスベっていた。荻原に「話を引き出すのがうまいですね」とヨイショされると、「まだまだです」と当たり前の返し。本当にまだまだだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る