覇気がなくしゃべりも…“ナビゲーター”上村愛子は前途多難

公開日:  更新日:

 11日夕方に放送された「上村愛子のイタダキ旅」は、故郷白馬などを巡る“帰郷ロケ”にかこつけて、17日からテレビ東京が放送する「スノボ&フリースタイルスキー世界選手権」の番宣バラエティー。90分間ずっと上村愛子を大事に扱っていた。

 上村は「世界選手権」で初ナビゲーターを務めるという。ただ、メーンではなく、はっきりいえば現地リポーターなのに、「イタダキ旅」では「19年間の現役を終え、新たな挑戦をする!」とナレーションであおり、スキー場で上村が「ナビゲーター、初挑戦します!」と告白。その場にゲストとして現れた世界選手権出場の西選手にインタビューを行った。つまり、この番組で現地リポートの実戦練習をさせたわけだ。しかも質問が詰まった時には一緒に旅した荻原次晴にフォローさせるという“特別待遇”だった。

 だが、覇気がなく、西選手がライバルと思う人をミカエル・キングズベリーと答えると「ミカエル・キング滑り(ズベリー)です」とダジャレを言ってスベっていた。荻原に「話を引き出すのがうまいですね」とヨイショされると、「まだまだです」と当たり前の返し。本当にまだまだだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る