• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ナルシズム加速…安藤美姫に「一緒に滑りたくない」の声噴出

 フィギュア選手は男女の垣根なく仲がいいが、ひとりだけ仲間外れになっているのが安藤美姫(27)だ。

 父親の名を明かさないままシングルマザーとして活動を再開したころはスケート仲間も安藤を擁護。世間からのバッシングやメディアからの追及の「壁」としてサポートしていたこともあったが、今となっては自らが所属する事務所関係者以外、誰も安藤の味方はいないといわれる。

 理由は本人の「わがまま」だ。

 安藤は現役時代からナルシシスト。自分が中心にならないと周囲に不満を漏らすのは有名な話で、引退後はさらに自己愛がエスカレートしているという。

「例えば、アイスショーは出演者全員でショーをつくっていくため、選手同士のコラボの演目が中心です。ところが、安藤は単独での演目や自分中心の演技構成を好むから、扱いが難しくなり、他の選手との間に軋轢が生じる。周囲の仲間は『美姫とは一緒に滑りたくない』となるわけです。安藤がテレビなどで他のフィギュア選手とほとんど共演しないのはこうした理由が大きい。日程が決まっている今シーズンはともかく、来季以降のアイスショーには呼ばれない可能性もある」(フィギュアのイベント関係者)

 スペイン人スケーターとの交際発覚後は幸福モードも、稼ぎ場はテレビのバラエティー番組だけになるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る