直近シリア滞在 危機一髪だった戦場カメラマン渡部陽一氏

公開日: 更新日:

 後藤健二氏(47)と湯川遥菜氏(42)が人質に取られて緊迫が増しているシリア情勢。2人はトルコとの国境に近いラッカ周辺にいるとみられているが、そのシリアから、入れ替わるように帰国した人がいる。テレビでおなじみの戦場カメラマン渡部陽一氏(42)だ。念のため所属事務所に問い合わせると、「(渡部氏が)シリアにいたのは事実です。18日に帰国しました」と認めた。

 渡部氏と親交があるフォトジャーナリストの山本皓一氏は「現地から連絡をもらいました」とこう言う。

「先週、僕の留守電に渡部さんから<いまトルコとシリアの国境にきています>とのメッセージが残っていたんです。その後、20日にテレビで後藤さんたちが捕らえられた映像を見て、翌日、渡部さんに電話したところ、<無事に帰ってきました>と話してくれたのでホッとしました。予定通りの帰国でしたが、もう少しシリアにいたら、現地の様子を取材できたはず。<惜しかったね>と冗談を言ったほどです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る