「腎機能が死体レベル…」今井雅之が語る余命3日からの復活

公開日: 更新日:

 昨年11月、腸の腫瘍で緊急手術を受けた今井雅之(53)。入院時はかなり症状が進行した状態で、家族には余命3日と告げられたほどだった。

「腸は腫れ上がって破裂寸前。肝臓や腎臓も弱っていて、腎機能の数値が死体と同じレベルだと言われて。ある意味生きていることが奇跡だった」

 腸を切除し、療養生活で20キロ近く痩せた。自衛隊出身で体力には自信があった今井もさすがに落ち込んだという。

「これまで病気とは無縁だったから、明け方まで飲み歩いたり不摂生しまくっていて。精神は無限に鍛えられても体は正直なんだと思い知らされたな。入院中はベッドの上で仕事のことを考えて不安で仕方なかった」

 それは5月から自身が手掛け、主演を務める舞台「ザ・ウインズ・オブ・ゴッド」が控えているからだ。同作は88年から続く、彼にとってライフワークともいえる舞台。太平洋戦争中の日本海軍を舞台に、特攻隊員たちのドラマを描いた作品だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る