「腎機能が死体レベル…」今井雅之が語る余命3日からの復活

公開日:  更新日:

 昨年11月、腸の腫瘍で緊急手術を受けた今井雅之(53)。入院時はかなり症状が進行した状態で、家族には余命3日と告げられたほどだった。

「腸は腫れ上がって破裂寸前。肝臓や腎臓も弱っていて、腎機能の数値が死体と同じレベルだと言われて。ある意味生きていることが奇跡だった」

 腸を切除し、療養生活で20キロ近く痩せた。自衛隊出身で体力には自信があった今井もさすがに落ち込んだという。

「これまで病気とは無縁だったから、明け方まで飲み歩いたり不摂生しまくっていて。精神は無限に鍛えられても体は正直なんだと思い知らされたな。入院中はベッドの上で仕事のことを考えて不安で仕方なかった」

 それは5月から自身が手掛け、主演を務める舞台「ザ・ウインズ・オブ・ゴッド」が控えているからだ。同作は88年から続く、彼にとってライフワークともいえる舞台。太平洋戦争中の日本海軍を舞台に、特攻隊員たちのドラマを描いた作品だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る