日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キムタクは辞退も…岡田准一“ジャニ掟破り”で2冠の舞台裏

 先週末に行われた「第38回日本アカデミー賞授賞式」の主役はこの男だった。「永遠の0」で最優秀主演男優賞、「蜩ノ記」で最優秀助演男優賞の2冠に輝いたV6岡田准一(34)。司会の西田敏行(67)が「今日は『岡田デー』だね」と話したのも当然。史上初の男優ダブル受賞で「永遠の0」を最多8冠に導いたのである。

 岡田と同じく主演と助演とダブルノミネートの阿部寛(50)、そして邦画界のツートップである役所広司(59)と中井貴一(53)を尻目に“ナンバーワン主演”の座についた。

「いま最も勢いのある俳優。昨年の大河『黒田官兵衛』で風格ある演技を印象付け、一皮むけた感があるが、今回の日本アカデミー賞では主演、助演ともに名を並べたどの俳優より演技が輝いていた。一作品ごとに愚直に役と向き合い続け、力を備えた役者に成長したように感じます」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事