おバカで一人勝ち “ガヤ”タレント鈴木奈々はなぜウケる?

公開日: 更新日:

 おバカキャラも貫けば立派なビジネスだ。13日、紅茶ブランド「リプトン」の新キャンペーンローンチ記念イベントに登場した鈴木奈々(26)。

 この日も大声で同じ言葉を繰り返すおバカキャラはフル回転。紅茶を試飲すれば「リプトン大好きです!」と叫び、キャンペーンソングを聞けば、「この歌大好き! CDほしい!」と連呼。さらに、「ダンナ大好きアピール」も健在で、12日に発表された上戸彩(29)の妊娠について「私はまだなんですけど、子供が同級生になれるように頑張りたい! もっと愛を深めて子供をつくりたい!」と何度も下腹部を叩きながら妊活宣言していた。

 おバカブームといえば、里田まい(31)や木下優樹菜(27)がその筆頭だったが、今や鈴木の独壇場。「大好き!」「すごく嫌い!」と、感情をそのままブン投げるだけのひねりのない“ガヤ”だが、なぜテレビやイベントに引っ張りだこなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る