おバカで一人勝ち “ガヤ”タレント鈴木奈々はなぜウケる?

公開日: 更新日:

 おバカキャラも貫けば立派なビジネスだ。13日、紅茶ブランド「リプトン」の新キャンペーンローンチ記念イベントに登場した鈴木奈々(26)。

 この日も大声で同じ言葉を繰り返すおバカキャラはフル回転。紅茶を試飲すれば「リプトン大好きです!」と叫び、キャンペーンソングを聞けば、「この歌大好き! CDほしい!」と連呼。さらに、「ダンナ大好きアピール」も健在で、12日に発表された上戸彩(29)の妊娠について「私はまだなんですけど、子供が同級生になれるように頑張りたい! もっと愛を深めて子供をつくりたい!」と何度も下腹部を叩きながら妊活宣言していた。

 おバカブームといえば、里田まい(31)や木下優樹菜(27)がその筆頭だったが、今や鈴木の独壇場。「大好き!」「すごく嫌い!」と、感情をそのままブン投げるだけのひねりのない“ガヤ”だが、なぜテレビやイベントに引っ張りだこなのか。

「お堅い番組でも、1人おバカを交ぜておくと、若年層への注目を集めることができるので意外にも需要があるんです。イベントに呼ぶPR会社は、新婚でマイナス材料もないのでブッキングしやすい。企業にとっては『おいしい!』とか『大好き!』と連呼してくれるのはネットでの反響も大きいし、ありがたい存在。それが単純であってもプラスの発言には変わりないからです。鈴木は業界内で『仕事においては計算高い』ともいわれていて、“ビジネスバカ”の異名も持っています」(PR会社関係者)

 レギュラーこそ2本だが、単発ゲストが多く、ウィッグのプロデュースなど「副業」も抜かりなし。「推定年収は3、4000万円」(芸能関係者)という声にも説得力がある。たかがバカ、されどバカだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

  2. 2
    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

  3. 3
    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

  4. 4
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  5. 5
    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

  1. 6
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  2. 7
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  3. 8
    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

  4. 9
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  5. 10
    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?

    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?