ギャルだけど一味違う? “新種おバカ”で売る今井華の戦略

公開日: 更新日:

 19日、電子書籍リーダー「楽天Kobo Aura H2O」販売記念イベントに登場した今井華(22)。半身浴中の読書が日課で、「先日も『EXILE』のHIROさんの自叙伝『ビビリ』を2回読んで、すんごいバイブスが高まった」と“今井語”をまじえて語った。見かけによらず、料理が得意で「レシピ本は半身浴1回で4~5冊は読みます。将来は自分のレシピ本を出したい。最近のちょっとした野望。(料理を)作りすぎるとテツ(菅谷哲也)やミワコ(筧美和子)を呼ぶ。私の家はメンバーのたまり場で“第2のテラスハウス”になってます」と話した。

 今井をはじめ、菅谷哲也、筧美和子、Chayなども若者に人気のリアリティー番組「テラスハウス」でブレーク。昨年9月に放送が終わった「テラハ」だが、今も人気は継続中で、14日に公開された劇場版「テラスハウス クロージング・ドア」は映画観客動員ランキング(興行通信社調べ、16日発表)1位に。14、15の2日間の動員数は約19万人、興行収入は約2億5100万円で、6週連続1位だったディズニーアニメ「ベイマックス」を抑えて初登場で首位を獲得。「映画から足が遠のいている10~20代の若い世代を劇場に引っ張った効果は大きい」(映画関係者)と注目されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  9. 9

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  10. 10

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る