マー君は絶賛も…米メディアが今も首を捻る里田まいの“肩書”

公開日: 更新日:

「マジメで内気、あまり人としゃべらない物静かな性格で、アイドル好きだと思っていた」

 ヤンキースの田中将大(25)に関してこう言ったのは、NYメディアのひとり。要は「オタク」みたいに思われていたわけだ。

 ところが、実際にキャンプが始まると、そんなイメージが徐々に変化してきたという。

 現地時間26日夜(日本時間27日)、キャンプ地球場近くの高級ステーキ店で行われた米メディアと田中の懇親会に参加したある米国人記者はこう言う。

「実際に話したら、本当にナイスガイ。普段もクラブハウス内で質問すれば原則、立って人の目を見て話をするし、時間が許す限り取材に応じてくれる。チーム内で慕っている黒田の姿勢を見習っているのかな。黒田はメディアに対して真摯に答えてくれるから。田中に対してニューヨークの報道陣の多くが好印象を持っているのは間違いない。懇親会でもそうだったけど、礼儀正しいし、日本での野球に対する取り組み方や、自身の思い描くニューヨークライフについて我々にいろいろと語ってくれた。もっとも懇親会では、夫婦やアイドルグループについての話は出なかったけどね(笑い)。このまま順調に成績を残していけば、ニューヨークでもやっていけると思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  5. 5

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  6. 6

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  9. 9

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  10. 10

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

もっと見る