マー君は絶賛も…米メディアが今も首を捻る里田まいの“肩書”

公開日: 更新日:

「マジメで内気、あまり人としゃべらない物静かな性格で、アイドル好きだと思っていた」

 ヤンキースの田中将大(25)に関してこう言ったのは、NYメディアのひとり。要は「オタク」みたいに思われていたわけだ。

 ところが、実際にキャンプが始まると、そんなイメージが徐々に変化してきたという。

 現地時間26日夜(日本時間27日)、キャンプ地球場近くの高級ステーキ店で行われた米メディアと田中の懇親会に参加したある米国人記者はこう言う。

「実際に話したら、本当にナイスガイ。普段もクラブハウス内で質問すれば原則、立って人の目を見て話をするし、時間が許す限り取材に応じてくれる。チーム内で慕っている黒田の姿勢を見習っているのかな。黒田はメディアに対して真摯に答えてくれるから。田中に対してニューヨークの報道陣の多くが好印象を持っているのは間違いない。懇親会でもそうだったけど、礼儀正しいし、日本での野球に対する取り組み方や、自身の思い描くニューヨークライフについて我々にいろいろと語ってくれた。もっとも懇親会では、夫婦やアイドルグループについての話は出なかったけどね(笑い)。このまま順調に成績を残していけば、ニューヨークでもやっていけると思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る