“寝起き”公開も皮肉られ…芹那に残された道はローラのまね

公開日: 更新日:

「なんだか気の毒になってきた」――そんな声もある。“崖っぷち”と言われ続けている、タレントの芹那(29)のことだ。

 18日放送の「おーい!ひろいき村」(フジテレビ系)に出演した際は、我が家の坪倉由幸(37)に「せっぱ詰まってるんじゃないですかね。仕事が減ってきてるから」と、痛いところを突かれていた。

 自慢のスレンダーボディーと鼻にかかったアニメ声がうけ、バラエティー番組に引っ張りだこだったのは昔の話。ぶりっこキャラが飽きられて以降、露出は減る一方である。

 必死の芹那は21日、ブームに便乗して“寝起き写真”をインスタグラムに投稿。写真を分割し、4つの決め顔を披露したが、<間違い探しゲームっすか?>とコメントで皮肉られるなど、やっぱり痛々しい結果に……。

 人気のなさは数字にも表れている。芹那のインスタグラムのフォロワー数は1万4700人。一般人と比べると多いが、140万フォロワーを誇るモデルのローラ(25)ら人気者の足元にも及ばない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  5. 5

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  6. 6

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  7. 7

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  8. 8

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  9. 9

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  10. 10

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

もっと見る