萩原流行さんも事故頻発 うつの人が「乗ってはいけない」理由

公開日: 更新日:

精神科医が警告、弁護士「処罰重くなる」

 バイク事故で死亡した俳優・萩原流行さん(62)のニュースはショッキングだった。萩原さんはこの2年余りの間に、今回を入れて5件の交通事故を起こしていた。その原因として囁かれているのが以前から患っていたうつ病だ。91年ごろに体がだるくセリフをしゃべれないうつ病の症状が出て、1日2回薬を飲む生活を最期まで続けてきたという。

 うつ病は注意力が散漫になり、集中力も低下する病気。われわれサラリーマンも無関係ではない。うつ状態でクルマを運転して事故を起こしてしまいかねないのだ。精神科医の和田秀樹氏が言う。

「うつ病の患者さんによく見られるのが、さまざまなことへの関心が薄れ、頭がぼんやりする症状です。“自分は死ぬのではないか”などと不安にかられ、夜眠れないから、その分、昼間眠くなる。うつ病の薬には眠気を催させるものもあるのでさらに事故を起こしやすくなります。何をするにも反応が鈍くなるため、ブレーキを踏むのが遅くなる危険もあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る