愛川欽也さん「巨額遺産」の行方…自宅は土地だけで約7億円

公開日: 更新日:

 15日に肺がんで死去した愛川欽也さん(80=本名・井川敏明)。世界最高齢の司会者としてギネス認定された「出没!アド街ック天国」(テレビ東京系)の初回放送日もくしくも4月15日だったという。

「プライベートでは酒もほとんどやらず、たばこも吸わないので、肺がんと聞いて驚きました。鶏肉を食べないとか、寿司屋でも赤身しか頼まないとか、偏食家ではありましたが……」(知人)

 2000年に後輩俳優たちと「劇団キンキン塾」を結成、09年には私財を投じて東京・目黒区に小劇場「キンケロ・シアター」を建設し、10年からは年1本ペースで映画を自主製作していた。

 その一方で12年に自らウェブ放送局を開設。反戦、反原発を訴え続けてきた硬骨漢だった。

「真偽のほどは定かではありませんが、愛川さんは07年に劇団の看板女優(当時28歳)との不倫を報じられ、それを境に仕事が減った。とはいえ先月放送分まで司会を務めたアド街のレギュラーなどで、晩年も年収は少なくとも1億円近くあったはず。もともと高級クラブを飲み歩いて散財するようなタイプでもありません。だから、本業にお金をつぎ込めたのでしょう」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

もっと見る