• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

愛川欽也さん「巨額遺産」の行方…自宅は土地だけで約7億円

 15日に肺がんで死去した愛川欽也さん(80=本名・井川敏明)。世界最高齢の司会者としてギネス認定された「出没!アド街ック天国」(テレビ東京系)の初回放送日もくしくも4月15日だったという。

「プライベートでは酒もほとんどやらず、たばこも吸わないので、肺がんと聞いて驚きました。鶏肉を食べないとか、寿司屋でも赤身しか頼まないとか、偏食家ではありましたが……」(知人)

 2000年に後輩俳優たちと「劇団キンキン塾」を結成、09年には私財を投じて東京・目黒区に小劇場「キンケロ・シアター」を建設し、10年からは年1本ペースで映画を自主製作していた。

 その一方で12年に自らウェブ放送局を開設。反戦、反原発を訴え続けてきた硬骨漢だった。

「真偽のほどは定かではありませんが、愛川さんは07年に劇団の看板女優(当時28歳)との不倫を報じられ、それを境に仕事が減った。とはいえ先月放送分まで司会を務めたアド街のレギュラーなどで、晩年も年収は少なくとも1億円近くあったはず。もともと高級クラブを飲み歩いて散財するようなタイプでもありません。だから、本業にお金をつぎ込めたのでしょう」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る