独機事故を“予言”? 6年前の「ゴルゴ13」に酷似エピソード

公開日:  更新日:

 未曽有の航空事故を、6年前から予言していたのか。人気コミック「ゴルゴ13」の鋭い先見性が、ネット上などで話題を呼んでいる。

 副操縦士がコックピットから機長を閉め出し、故意に機体を急降下──。世界を震撼させたドイツ機墜落事故に酷似したエピソードが、連載作品に存在するのだ。

 注目を集めているのは、ゴルゴ13の第495話「高度1万メートルのエピデミック」だ。09年9月に小学館のビッグコミックに掲載された(単行本には未収録)。エピデミックとは、ある特定の場所だけで伝染病が大量発生することを意味する。一体、どんなストーリーなのか。

 米大統領の元にCIA長官からテロの予告メールが送られてきたとの報告が届く。その頃、カイロ発ニューヨーク行きの米旅客機内で、ウイルス感染者が発症。乗客に次々と伝染していくが、これは生物兵器による自爆テロだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る