甘利大臣が突然熱唱 4人組バンド「ゲスの極み乙女。」って?

公開日:  更新日:

「♪私以外私じゃないの~当たり前だけどね だから、マイナンバーカード!」

 26日、閣議後の記者会見で突然、熱唱したのは甘利明経済財政相(65)。真顔で自身のカードを印籠のように突き出すと、突然の出来事に記者一同はポカーン。その後、あちこちから失笑が漏れた。

 甘利大臣の生歌が披露されたのは閣議後記者会見でのこと。今年10月から番号が交付され、来年1月から始まる「マイナンバー制度」の認知度を高めるために大臣自らが歌ったのは「ゲスの極み乙女。」の「私以外私じゃないの」という楽曲だ。意味不明なバンド名だが、通称「ゲス乙女」と呼ばれ、昨年4月にメジャーデビュー。このところ大人気の4人組なのだ。

 全楽曲の作詞・作曲を担当しているボーカルの川谷絵音(27)は東京農工大学工学部応用分子化学科卒業という経歴の持ち主で、偶然にも「ゲスの極み!」というネタを持つお笑いコンビ「ハマカーン」の2人は同大学の先輩。昨年は「SMAP」のアルバム曲の作詞・作曲も手がけている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る