愛之助に捨られ崖っぷち…熊切あさ美に“秘策”はあるのか

公開日:  更新日:

「もう脱ぐしかないんじゃないの」と芸能プロ関係者が冷ややかに言うのが熊切あさ美、35歳。片岡愛之助(43)をめぐり、藤原紀香(44)と三角関係になった熱愛バトルは惨敗。勝者の紀香は愛之助と高らかに交際宣言するに至り、梨園への輿入れまで囁かれ始めているだけに、ボロ雑巾のように捨てられた熊切は歯噛みするほどの悔しさを味わっていることだろう。

 今のところワイドショーなどでは愛之助の話題でまだ騒がれているものの、それだけで今後も生き残れるほど芸能界が甘くないのは骨身に染みているはず。サバイバルしていくならば、ガツンと一勝負に出るしかない状況なのだ。

「『崖っぷちアイドル』をウリに瀬戸際の必死さで仕事をしてきた彼女も、そろそろ賞味期限切れ。気象予報士の資格にチャレンジしたり、プロ雀士の肩書を得たり、バラエティーでのトークを磨くためにキャバクラ勤務までしてきましたが、今のジリ貧から抜け出す起爆剤はない。芸や演技力があるわけじゃない以上、ヘアヌードになって裸一貫から出直しというくらいの覚悟でないと、あっという間に“あの人は今”になります」(芸能リポーター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る