クビ覚悟で決行も 愛之助を襲い続ける熊切の“愛の自爆テロ”

公開日:  更新日:

 もはや“愛”の自爆テロというしかないだろう。熊切あさ美(35)が捨て身の反撃に打って出た。

 歌舞伎俳優、片岡愛之助(43)との破局騒動で渦中の熊切が16日、ニコニコ生放送「堀江貴文×熊切あさ美の恋愛対談」にナマ出演した。

 愛之助は今月5日、集まった報道陣に対して破局を明言していたが、熊切は「いくら私でも別れ話をされたらわかると思うんですよ。なかったです」と断言。そこからはまさに“熊切劇場”開幕で、「交際期間は2年半」「1LDKのマンションで同棲していた」「結婚はお互いにしたいねという話は出ていた」とラブラブだった日々を暴露。途中、号泣したりと、愛之助が見たら目をむくシーンの連続だった。

 しかも、返す刀で「自分を守ることしか考えていない」「自分に有利なことばかり言ってる姿を見て愛情が……」と語るなど、“愛の倍返し”状態だったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

もっと見る