日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
西寺郷太
著者のコラム一覧
西寺郷太ミュージシャン、音楽プロデューサー

1973年東京生まれ。早大在学時に結成したバンド「NONA REEVES」のシンガー、ソングライターとして活動する他、多数のアーティストの音楽プロデュース、作詞、作曲を手がける。日本屈指のマイケル・ジャクソン研究家として知られ、マイケル関連のライナーノーツも数多く手がけている。近著は「ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い」(NHK出版新書)、「プリンス論」(新潮新書)など。

なぜ「SMAPソング」は愛され続けるのか

SMAP「華麗なる逆襲/ユーモアしちゃうよ」

 SMAPの存在が「日本のポップスの基準」になったのは、1994年9月にリリースされた14枚目のシングル「がんばりましょう」の大ヒットからだと思う。それが阪神・淡路大震災が起こる数カ月前のことだ、と説明すれば、彼らがナンバーワン・アイドルとして君臨し続けてきた日々の長さが分かるは…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事