日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
湯川れい子
著者のコラム一覧
湯川れい子音楽評論家

東京都目黒生まれ。山形県米沢で育つ。60年、ジャズ専門誌「スウィング・ジャーナル」への投稿が認められ、ジャス評論家としてデビュー。早くからエルヴィス・プレスリーやビートルズを日本に広めるなど、独自の視点による音楽全般の評論を手がけるほか、作詞家としても「涙の太陽」「ランナウェイ」「センチメンタル・ジャーニー」「六本木心中」「あゝ無情」「恋におちて」などヒット曲多数。

セカオワはキモいか?

SEKAI NO OWARI「Dragon Night」

 レコード大賞にも「炎と森のカーニバル」が、今年の大賞候補でノミネートされている。デビュー当時は「世界の終わり」と名乗っていた。今でも英語表記名はEnd Of The Worldだ。

 最新シングルの「Dragon Night」は、出た途端にダウンロ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事