ジム練習生150人 “修斗のカリスマ”佐藤ルミナさんの引退後

公開日:  更新日:

 総合格闘技が一大ブームになった時期がある。この総合格闘技の原形になったのが、打撃、投げ、絞め技などを駆使する「修斗」なる格闘技だ。その修斗で“カリスマ”と呼ばれた人気選手がいた。「佐藤ルミナ」という優しげな名前に反して“秒殺”で相手を葬り、その一方、ファッション誌に登場して格闘家のこわもてイメージを変えた。今どうしているのか。

「現役時代、小田原のスポーツジムで週1回、素人さん相手に修斗教室を開いてましてね。参加者は増える一方だし、毎日やりたいって声も多かったので、いっそのこと自分のジムを持とうと、2005年10月にこのジムを開きました。ただ、正直、修斗は一般的にまだ知名度が低い。修斗の名称だけじゃなかなか伝わらないので、総合格闘技の看板も掲げました。基本的な指導方針は、まず格闘技は怖いってイメージを払拭すること。それと体力増強やダイエットのために通われる方もいらっしゃり、個々の目的に合った指導を心がけてます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る