ネットで議論沸騰 CMで反戦ソングを流す「通販生活」の狙い

公開日:  更新日:

「懐かしい」と感じた読者も多いんじゃないか。カタログ通販の老舗「通販生活」(カタログハウス)のCMが、ちょっとした話題になっている。

 フォークシンガーの杉田二郎(68)がギターを弾きながら、70年代の大ヒット曲「戦争を知らない子供たち」を歌う。最後に「この歌をこれからも歌える国でありますように」というメッセージが映し出され――。今月6日から、テレビ朝日系の「徹子の部屋」と「報道ステーション」の火曜日に流れているCMだ。

 通販生活といえば東日本大震災以降、「脱原発」の特集記事を繰り返し掲載している、なかなかの“社会派”。他のカタログ通販誌とは一線を画している。「戦争を――」はご存じの通り、「世界中から戦争をなくし、子どもたちが戦争を知らずに生きられる世界を」というメッセージを込めて作られた日本を代表する反戦、平和ソングだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る