• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ツアーで「タガタメ」披露はミスチル桜井の“反戦”意思表明か

「子供らを被害者に 加害者にもせずに この街で暮らすため まず何をすべきだろう」――。

 これはMr.Childrenの「タガタメ」という曲の一節。現在、「スタジアムツアー2015 未完」が真っ最中のミスチルは、この「タガタメ」を今回のツアーでは必ず披露しているのだ。03年に発表されたこの歌は、当時から反戦をうたった名曲といわれてきたが、今のタイミングで歌うのは、ミスチルの安倍政権に対する強烈な反戦平和メッセージと受け止めるべきだろう。

 作詞・作曲を手掛けるボーカルの桜井和寿(45)の強いメッセージ性が人気のひとつでもあるミスチル。その多くが希望や未来、愛や平和をテーマにしたものだが、今回のツアーでは特に「戦争」や「愛」について訴えかける場面が多くあった。それはまず選曲に表れ、ライブ中に流れるアニメーションで兵士や銃、平和の象徴である白いハトなどが映し出されるなど、桜井の“想い”が前面に押し出された構成に。12日の宮城(写真)では手塚治虫作品「ブッダ」の一節を引用し、「『愛』とは想像力だと思います」と語る場面もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る