俳優やアイドルを続々起用 “戦後70年特番”への関心度は?

公開日: 更新日:

 松嶋菜々子が久しぶりにテレビに登場した「レッドクロス~女たちの赤紙」(TBS系)は先週の土日2夜連続の大作だった。松嶋は「ひめゆりの塔」のような従軍看護婦の役。ただし、送られた戦場が“満州”だったことで、過去の戦争ドラマの映画と違う視点を取り込み、興味深かった(もちろん事実を基にしている)。

 ソ連侵攻で行方知れずになっていた息子の写真を見せられ、「私の息子です。生きていたんですね……連れていってください!」と涙ながらに訴える後半は見応えあった。視聴率は振るわなかったものの、中国、日本のいろんな立場から捉える多角的なストーリー展開はよかった。

 この「レッドクロス」などを皮切りに、来週は戦争スペシャルドラマが目白押しだ。10日(月)の「一番電車が走った」(NHK)は阿部寛広島電鉄の課長を演じ、原爆投下から3日後に路面電車が走る奇跡の物語。16日(日)の「妻と飛んだ特攻兵」(テレビ朝日系)は堀北真希成宮寛貴が夫婦役で、“今までの戦争ものとは違う切り口”らしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  5. 5

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  6. 6

    GoTo強行もお盆帰省するな 西村担当相“禅問答”の支離滅裂

  7. 7

    アベノミクス崩壊…企業の内部留保激増も家計には恩恵なし

  8. 8

    李東埼氏が読み解く北朝鮮の怒り「文大統領は見限られた」

  9. 9

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  10. 10

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

もっと見る