俳優やアイドルを続々起用 “戦後70年特番”への関心度は?

公開日:  更新日:

 松嶋菜々子が久しぶりにテレビに登場した「レッドクロス~女たちの赤紙」(TBS系)は先週の土日2夜連続の大作だった。松嶋は「ひめゆりの塔」のような従軍看護婦の役。ただし、送られた戦場が“満州”だったことで、過去の戦争ドラマの映画と違う視点を取り込み、興味深かった(もちろん事実を基にしている)。

 ソ連侵攻で行方知れずになっていた息子の写真を見せられ、「私の息子です。生きていたんですね……連れていってください!」と涙ながらに訴える後半は見応えあった。視聴率は振るわなかったものの、中国、日本のいろんな立場から捉える多角的なストーリー展開はよかった。

 この「レッドクロス」などを皮切りに、来週は戦争スペシャルドラマが目白押しだ。10日(月)の「一番電車が走った」(NHK)は阿部寛が広島電鉄の課長を演じ、原爆投下から3日後に路面電車が走る奇跡の物語。16日(日)の「妻と飛んだ特攻兵」(テレビ朝日系)は堀北真希と成宮寛貴が夫婦役で、“今までの戦争ものとは違う切り口”らしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る