• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
中村竜太郎
著者のコラム一覧
中村竜太郎ジャーナリスト

1964年生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から週刊文春で勤務。政治から芸能まで幅広いニュースを担当し、「NHKプロデューサー巨額横領事件」(04年)、「シャブ&ASKA」(14年)など数々のスクープを飛ばす。「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」では歴代最多、3度の大賞を受賞。2014年末に独立し、現在は月刊文藝春秋などで執筆中。フジテレビ「みんなのニュース」のレギュラーコメンテーター。

<第1回>どこで亡くなったのか。誰が看取ったのか。最期の容体は――。すべてがわからなかった

「俺は鉄道員みたいにひっそりと誰にも知られず逝きたいんだ。だから、頼むから派手な葬儀はしないでくれ」

 高倉健は、闘病中のベッドで近親者にこう告げたという。2014年11月10日、多くのファンから尊敬を込めて「健さん」と呼ばれた男が亡くなった。悪性リンパ腫。83歳だった。

 没後1年たった現在も、健さんを偲ぶイベントが各地で開催され、大勢の人が詰めかけている。私も健さんが好きだった。「網走番外地」など任侠映画で見せた迫力にしびれ、「幸福の黄色いハンカチ」「南極物語」「鉄道員」で演じた“寡黙でストイックな男”の姿に憧れた。いつか健さん本人にインタビューしてみたいというのが、私の夢でもあった。

 しかし別れは突然やってきた――。同年11月18日、「高倉プロモーション」が訃報を発表したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る