曙と再戦のボブ・サップ “ドサ回り”で10億円貯めていた

公開日:  更新日:

 かつて大晦日の恒例行事だった格闘技が久しぶりに復活し、その模様がフジテレビでオンエアされることが決まった。出場選手と対戦カードが発表された中、スペシャルマッチとして組まれたのは、あの伝説の「曙VSボブ・サップ」の再戦だ。

 格闘家でタレントのボブ・サップ(42)と曙太郎(46)。人気絶頂だった2人が03年に対決した時は、民放で初めて「紅白歌合戦」を超える43%の瞬間視聴率を記録。この試合で惨敗した曙は、その後プロレスに転向してそこそこ活躍したが、いったいボブ・サップはこれまでどこで何をしていたのか?

「格闘家としてのサップの全盛時代は05年まで。06年以降は金銭問題で揉めたり、試合をボイコットしたり、出場しても負け続けという時期を経て10年ごろにはほとんど姿を見かけなくなりました。全盛時代には最高月収で1億2000万円稼いだこともあると告白していましたが、その大半がテレビやCM出演料、キャラクター契約料など、格闘技以外の収入だったようです」(格闘技ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る