• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

曙と再戦のボブ・サップ “ドサ回り”で10億円貯めていた

 かつて大晦日の恒例行事だった格闘技が久しぶりに復活し、その模様がフジテレビでオンエアされることが決まった。出場選手と対戦カードが発表された中、スペシャルマッチとして組まれたのは、あの伝説の「曙VSボブ・サップ」の再戦だ。

 格闘家でタレントのボブ・サップ(42)と曙太郎(46)。人気絶頂だった2人が03年に対決した時は、民放で初めて「紅白歌合戦」を超える43%の瞬間視聴率を記録。この試合で惨敗した曙は、その後プロレスに転向してそこそこ活躍したが、いったいボブ・サップはこれまでどこで何をしていたのか?

「格闘家としてのサップの全盛時代は05年まで。06年以降は金銭問題で揉めたり、試合をボイコットしたり、出場しても負け続けという時期を経て10年ごろにはほとんど姿を見かけなくなりました。全盛時代には最高月収で1億2000万円稼いだこともあると告白していましたが、その大半がテレビやCM出演料、キャラクター契約料など、格闘技以外の収入だったようです」(格闘技ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る