初の黒人関取・戦闘竜さんは義父設立の会社で超多忙の日々

公開日:  更新日:

 米セントルイス出身の本名ヘンリー・アームストロング・ミラー、元幕内・戦闘竜関(45・友綱部屋)は黒人米兵の父と日本人の母を持つ、大相撲史上初の黒人力士だ。88年名古屋場所で初土俵を踏み、94年九州場所で関取の仲間入り。00年名古屋場所で念願の入幕を果たした。しかし、直線的な相撲ゆえケガに泣かされ、03年九州場所を最後に引退。今どうしているのか。

 戦闘竜関と会ったのは埼玉高速鉄道・鳩ケ谷駅からクルマで5分、住宅街にある「ライム」。デパートなどでアクセサリーを販売する際、貴金属を収納するジュエリーボックスやアクセサリーケースを製造販売する会社だ。

「嫁の父さんが設立した会社で、今は父さんが会長、彼女が社長、ボクはプロダクトマネジャーだよ。具体的にいえば、どんなケースにすれば商品が映えるかをクライアントに提案し、アウトラインを決めるのがボクの仕事。デパートのショーケースの中でジュエリーが光り輝く様子を思い浮かべ、あれこれ考える。これ、自分に向いてる仕事じゃないかと思ってる。意外? そうかなあ、ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る