踏み絵を迫られた末の独立騒動 SMAPはどこで道理を誤った

公開日:  更新日:

【連載コラム「芸能界クロスロード」】

 アイドルグループはいずれ「解散」という宿命を背負いながら活動している。SMAPの先輩になる光GENGIもシブがき隊も解散してきた。一線で活躍しているときは、「解散」などみじんも考えないと聞くが、ピークが過ぎた時、「コンサートの客の入り具合。後輩の台頭などを見た時、人気が落ちてきたことを感じ、解散が脳裏をかすめる」という。

 だが、SMAPの解散は人気とは関係のない事務所の独立が発端であった。解散は自分勝手には決められない。メンバー全員の意思確認はもちろん、なによりも意見に重みをもつのがアイドルの生みの親である。SMAPにおけるジャニー喜多川社長に当たる。解散に限らず大事な相談事は社長に話すのが業界常識。しかし、SMAPには育ての親のI女史もいた。結果的にI氏の存在が今回の騒動をややこしくした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る