日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

SMAP分裂回避の理由は? 辞めたジャニーズの悲惨な末路

 息巻いて「独立!」と言ったはいいけど、受け入れ先が見つからず、最後はハシゴを外されて――SMAP解散騒動で、ジャニーズ残留を決めていたキムタク以外の4人。その動向に注目が集まっていたが、18日夜、キムタクと一緒に「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)で生釈明。ひとまず、独立は回避した格好だ。

 4人が“元サヤ”に収まったのも無理からぬ話。生放送中、草なぎ剛(41)が「ジャニーさんに謝る機会を木村君が作ってくれて、今僕らはここに立てています」と言ったのは象徴的で、郷ひろみ(60)や本木雅弘(50)など“円満退社”の場合は別にして、ジャニーズと喧嘩別れした元アイドルは皆、苦難の道を歩んでいるからだ。

「最もいい例が田原俊彦でしょう。世間では例のビッグ発言が転落の第一歩と見られてますが、実はトシちゃんは発言の直後、ジャニーズ事務所からも独立していたのです。そうでなければ“ビッグ発言”なんてどうにでも揉み消せたはず。しかし、ジャニーズの庇護から離れたばかりか逆に干しあげられた結果、一時は完全に芸能界から消えていた。ようやくテレビに復帰できたのは独立から15年後のことでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事