偏差値70エリート人生捨て 一橋大生が吉本NSC入り決意のナゼ

公開日: 更新日:

 7日、全国お笑いサークル団体戦「NOROSHI」が開催され、26大学160組の中から、創価大学落語研究会「チーム赤組」が304点で優勝、一橋大学お笑いサークルIOKの「チームノイフランク」が303点で準優勝となった。

 創価大3年生の浦野達弥くん(21)は「去年、決勝に行って優勝できなかったのでうれしい。(1点差だった一橋大を見て)去年も強かったので、納得でした」と話した。

 1点差で頂点を逃した一橋大は決勝進出チームで最少の3人。この大会はすべてのチームが「漫才」「コント」「ピン」を披露する総合力で戦うが、3年生の中野悠くん(21)は3本すべてに出演。コントでは完成度と画力の高いフリップ芸を披露するなどフル回転で、MCの「ジャルジャル」後藤淳平(31)は「3人っていうだけでも得点高いと思う」とうなっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  5. 5

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  6. 6

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  7. 7

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  8. 8

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  9. 9

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  10. 10

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

もっと見る