偏差値70エリート人生捨て 一橋大生が吉本NSC入り決意のナゼ

公開日:  更新日:

 7日、全国お笑いサークル団体戦「NOROSHI」が開催され、26大学160組の中から、創価大学落語研究会「チーム赤組」が304点で優勝、一橋大学お笑いサークルIOKの「チームノイフランク」が303点で準優勝となった。

 創価大3年生の浦野達弥くん(21)は「去年、決勝に行って優勝できなかったのでうれしい。(1点差だった一橋大を見て)去年も強かったので、納得でした」と話した。

 1点差で頂点を逃した一橋大は決勝進出チームで最少の3人。この大会はすべてのチームが「漫才」「コント」「ピン」を披露する総合力で戦うが、3年生の中野悠くん(21)は3本すべてに出演。コントでは完成度と画力の高いフリップ芸を披露するなどフル回転で、MCの「ジャルジャル」後藤淳平(31)は「3人っていうだけでも得点高いと思う」とうなっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る