偏差値70エリート人生捨て 一橋大生が吉本NSC入り決意のナゼ

公開日: 更新日:

 7日、全国お笑いサークル団体戦「NOROSHI」が開催され、26大学160組の中から、創価大学落語研究会「チーム赤組」が304点で優勝、一橋大学お笑いサークルIOKの「チームノイフランク」が303点で準優勝となった。

 創価大3年生の浦野達弥くん(21)は「去年、決勝に行って優勝できなかったのでうれしい。(1点差だった一橋大を見て)去年も強かったので、納得でした」と話した。

 1点差で頂点を逃した一橋大は決勝進出チームで最少の3人。この大会はすべてのチームが「漫才」「コント」「ピン」を披露する総合力で戦うが、3年生の中野悠くん(21)は3本すべてに出演。コントでは完成度と画力の高いフリップ芸を披露するなどフル回転で、MCの「ジャルジャル」後藤淳平(31)は「3人っていうだけでも得点高いと思う」とうなっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  4. 4

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  5. 5

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る