• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

偏差値70エリート人生捨て 一橋大生が吉本NSC入り決意のナゼ

 7日、全国お笑いサークル団体戦「NOROSHI」が開催され、26大学160組の中から、創価大学落語研究会「チーム赤組」が304点で優勝、一橋大学お笑いサークルIOKの「チームノイフランク」が303点で準優勝となった。

 創価大3年生の浦野達弥くん(21)は「去年、決勝に行って優勝できなかったのでうれしい。(1点差だった一橋大を見て)去年も強かったので、納得でした」と話した。

 1点差で頂点を逃した一橋大は決勝進出チームで最少の3人。この大会はすべてのチームが「漫才」「コント」「ピン」を披露する総合力で戦うが、3年生の中野悠くん(21)は3本すべてに出演。コントでは完成度と画力の高いフリップ芸を披露するなどフル回転で、MCの「ジャルジャル」後藤淳平(31)は「3人っていうだけでも得点高いと思う」とうなっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る