二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

加藤紗里、ゲス川谷も…スキャンダルで焼け太りの損得勘定

公開日: 更新日:

 芸能ニュースは昔も今も「ドロドロ」が面白い。狩野英孝と加藤紗里の熱愛。芸人と無名のモデルでは、一瞬の報道で終わっていたはず。それが元カノの川本真琴が自ら参戦したことで騒ぎは大きくなり、ドロドロ劇に発展。今では新旧2人の女性がブログなどでやり合う騒ぎになり、加藤はバラエティー番組に引っ張りだこの人気。損して得を取った。

 昔、梅宮アンナが男性タレントと熱愛で騒がれた。単純な熱愛なのに、彼の浮気や借金問題が浮上。アンナパパの梅宮辰夫まで巻き込んで大騒ぎになった。昔から熱愛はさまざまな問題や人が絡むことで世間の関心も増す。不倫はその典型。発覚した時点でドロドロは想定できる。当事者だけでなく、奥さんなど取材対象者が広がり、ある程度の決着がつくまでメディアは追い続けられる。

 ベッキーとの不倫騒動で渦中の人となった「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音がいまだにメディアに追い回されるのも道理。一時は、ベッキーがすべての仕事をなくし休養に入った時点で休戦のように見えたが、また動きだした。きっかけは半月ほど前の週刊誌報道にある。不倫に至る経緯から、ベッキーが関係者や川谷の奥さんに謝罪の手紙を出した話まで報じられた。当然、「2人は別れた」という前提の話。川谷のライブ発言もベッキーとの破局があって解禁になったのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  5. 5

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  6. 6

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る