日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベッキー騒動でライブ盛況…ゲス川谷は不倫で“焼け太り”

「ライブ開始の6時間前から並びました」(都内在住の男子高校生)といったツワモノも駆けつける中、これ以上ない宣伝の場となったようだ。

 男女4人組ロックバンド「ゲスの極み乙女。」は17日、代々木公園野外ステージ(東京・渋谷区)で新アルバム「両成敗」発売記念フリーライブを開催。チケット不要の無料ライブということもあって、会場周辺はタレントのベッキー(31)との不倫疑惑騒動の渦中にあるボーカル・川谷絵音(27)を一目見ようといった“ヤジ馬”も含め、人だかりで埋め尽くされた。

 不倫疑惑が報じられて以降、初めてのテレビ出演となった15日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)では深々と頭を下げたが、謝罪の言葉は一切なし。この日は語るのか、またもやスルーするのか――。

 会場に張り詰めた空気が漂う中、ライブは定刻通りの13時にスタート。まず、川谷ひとりがチェック柄のスーツに水色のシャツ、赤の蝶ネクタイ姿といういでたちで登場し、「集まってくれて、ありがとう。このたびはご迷惑とご心配をおかけして申し訳ございません」とか細い第一声で謝罪の言葉を口にし、数秒間、ほぼ直角の体勢でおじぎした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事