• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベッキー不倫騒動が教訓 LINEはこうして筒抜けになる

 ベッキー(31)の不倫騒動で一番気になったのが、なぜLINEのトーク履歴が外部に漏れたのか、だ。

 最初は分かる。

 不倫相手の「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(27)が入浴している隙にでも、誰かがスマホをのぞき見たのかもしれない。川谷に近しい関係者ならそれも可能だろうが、問題はその後だ。2人の不倫関係が発覚した後のやりとりまで、週刊文春1月28日号にスッパ抜かれている。

〈オフィシャルになるだけ!〉〈それに不倫じゃありません!〉〈センテンス スプリング!(=文春〈編集部注〉)……ベッキーも川谷もまるで懲りていないことが、世間に知れ渡ってしまった。

 常識的に考えて、LINEのトーク履歴が流出し、不倫がバレたら、勝手にスマホをいじられないように厳重に管理するはず。2人も気をつけていたはずだ。それなのに漏れた。なぜだ! さほどLINEに詳しくないおっさんユーザーは気が気じゃないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る