湯川れい子
著者のコラム一覧
湯川れい子音楽評論家

東京都目黒生まれ。山形県米沢で育つ。60年、ジャズ専門誌「スウィング・ジャーナル」への投稿が認められ、ジャス評論家としてデビュー。早くからエルヴィス・プレスリーやビートルズを日本に広めるなど、独自の視点による音楽全般の評論を手がけるほか、作詞家としても「涙の太陽」「ランナウェイ」「センチメンタル・ジャーニー」「六本木心中」「あゝ無情」「恋におちて」などヒット曲多数。

歴史を作り彩る エルヴィスの「アルバム・コレクション」

公開日: 更新日:
エルヴィス・プレスリー「アルバム・コレクション」/(C)日刊ゲンダイ

CD60枚セットのお得感

 ロング・プレイ、いわゆるLPと呼ばれる33回転の30センチの大盤レコードが市販されるようになったのは、1948年のこと。それまでのレコードは、いわゆるシングル盤でレコード両面に一曲ずつが収められていた。

 それで最初のうちは、もっぱらシングル盤でヒ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  4. 4

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  5. 5

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

  6. 6

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  7. 7

    元テレ朝・竹内由恵アナもう復帰…大物フリーアナ戦々恐々

  8. 8

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  9. 9

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  10. 10

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る