貯金崩して映画製作 50代サラリーマン山本一郎監督の決意

公開日:  更新日:

 50代のサラリーマンが長編監督デビューだ。14日から公開となる映画「あのひと」。勤続20年のリフレッシュ休暇と貯金500万円を費やして映画製作に挑んだ監督・山本一郎氏(52)の心を突き動かしたものとは。

■心の片隅に眠っていた願望

 映画配給会社「松竹」の社員で、2011年までの十数年間、映画の製作現場にいた。現在はメディア事業部に在籍。合作映画や35ミリフィルムのデジタル化などのサポート業務を行っているという。

「以前の部署にいたら自ら映画を作ることはなかったでしょうね。現場から離れたことが、自主映画の製作に踏み切るきっかけになりました。会社に属している以上、異動はつきものだし、年下の上司につくことだってある。環境の変化が心の片隅に眠っていた願望を突き動かしたのだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る