• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

貯金崩して映画製作 50代サラリーマン山本一郎監督の決意

 50代のサラリーマンが長編監督デビューだ。14日から公開となる映画「あのひと」。勤続20年のリフレッシュ休暇と貯金500万円を費やして映画製作に挑んだ監督・山本一郎氏(52)の心を突き動かしたものとは。

■心の片隅に眠っていた願望

 映画配給会社「松竹」の社員で、2011年までの十数年間、映画の製作現場にいた。現在はメディア事業部に在籍。合作映画や35ミリフィルムのデジタル化などのサポート業務を行っているという。

「以前の部署にいたら自ら映画を作ることはなかったでしょうね。現場から離れたことが、自主映画の製作に踏み切るきっかけになりました。会社に属している以上、異動はつきものだし、年下の上司につくことだってある。環境の変化が心の片隅に眠っていた願望を突き動かしたのだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  9. 9

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  10. 10

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

もっと見る