• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

SMAP騒動どこ吹く風 ジャニーズ傘下会社の映画事業が好調

 SMAP騒動は収まってきたようだが、ジャニーズ事務所がこの期間も、映画分野で精力的に活動を続けていることはあまり知られていない。それも、結構ヒットしているのである。

 昨年末の「レインツリーの国」、今年に入っては「ピンクとグレー」、そして先週公開されたばかりの「猫なんかよんでもこない。」の3本。いずれも、事務所所属の俳優が主演している。

 それぞれの主演は順に、Kis-My-Ft2の玉森裕太、Hey!Say!JUMPの中島裕翔、一番年長の風間俊介。よく知らない人も多いだろうが、まさにジャニーズ事務所の次代を担う若手の俳優や歌手たちである。

 ジャニーズ事務所は今から15年前、傘下にジェイ・ストームという会社を設立して、音楽事業とともに映画の製作に積極的に参画してきた。作品には所属俳優を起用、企画から出資まで、映画製作には並々ならぬ意欲で臨んできた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

もっと見る