地域映画で主演・監督 ゴリが考える沖縄の基地問題と笑い

公開日:  更新日:

 沖縄県那覇市出身の「ガレッジセール」ゴリ(43)。毎年恒例となった地域映画製作だが、今年の舞台は粟国島。遺体を火葬せずにミイラ化させ、子孫が骨を洗う「洗骨」の風習が今も一部で残っている。沖縄で育ったからこそ伝えたい歴史や文化について聞いた。

  ◇  ◇  ◇

 粟国島は塩が有名なので、最初は「塩工場で働く夫婦の不倫」を描こうと去年の夏、まだ芸能界でこんなに不倫問題がはやる前から台本を書き始めていました。最後のオチまで決まっていたんですが、(沖縄テレビの)山里プロデューサーから洗骨の話を聞いて、台本を全部書き直しました。

 作品の中で「先祖を洗うことは自分を洗うこと」というセリフがあって、洗骨は命がつながることの大切さを一族で再確認する作業でもある。洗骨をテーマにすると決めてからは、写真やドキュメンタリー映像を見たり粟国島のおばあにインタビューしたりしました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る