宮藤官九郎 ラジオを語る「TVと違って“むき出し”でいい」

公開日:  更新日:

「自由に、自分の言葉でしゃべっている感じ」

 放送中の「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系)など多くの作品を手がける宮藤官九郎(45)がラジオ本「宮藤官九郎 最強説 オールナイトニッポン始めました」(宝島社)を発表。脚本家や映画監督としてではなく、“素の宮藤”が豪華ゲスト陣との対談やフリートークなどを通し、“ラジオ愛”を爆発させている。テレビにはなくてラジオにはある魅力について話を聞いた。

 普段から芸人さんのラジオ番組が好きでよく聴くんですけど、テレビとは全然違って、自由に、自分の言葉でしゃべっている感じがいいなと。この前も、「JUNK爆笑問題カーボーイ」を聴いていたら、お笑い評論家の人が爆笑問題の漫才について的外れな批評を書いたことに、太田さんがものすごく怒ってて、あまりに面白くて仕事休んで聴きました。たけしさんも「フライデー事件」後に謹慎が明けて最初の仕事がラジオだったし、テレビだともうちょっと安全なものしか流れないイメージがあるので、その点、ラジオは“むき出し”でいいなあと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る