• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画「ルーム」大健闘 GWの“アカデミー効果”注目作品は?

 この季節になると、米アカデミー賞を受賞した作品が続々と公開される。いわゆる“アカデミー賞効果”狙いである。もっとも、ここ何年かはなかなか大きな成果が出ていなかったが、今年はちょっと様子が異なる。

 8日にはブリー・ラーソンが主演女優賞を受賞した「ルーム」が公開された。全国75館の小規模の公開だが、意外や健闘している。とくに新宿のシネコンでは1日の上映回数が10回を超える万全な体制をとり、満席の回も出た。

 誘拐された若い女性(B・ラーソン)が長い年月監禁される。女性の尊厳、いや人間の尊厳が極限まで貶められる作品だ。そこから彼女はいかに脱出するのか。難しい題材だが、アカデミー賞受賞が好調な出足の理由の一つだろう。

 15日からは作品賞を受賞した「スポットライト 世紀のスクープ」が公開された。米ボストン・グローブ紙が強大な権力をもつカトリック教会の醜聞をあばいた問題作だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る