映画「ルーム」大健闘 GWの“アカデミー効果”注目作品は?

公開日: 更新日:

 この季節になると、米アカデミー賞を受賞した作品が続々と公開される。いわゆる“アカデミー賞効果”狙いである。もっとも、ここ何年かはなかなか大きな成果が出ていなかったが、今年はちょっと様子が異なる。

 8日にはブリー・ラーソンが主演女優賞を受賞した「ルーム」が公開された。全国75館の小規模の公開だが、意外や健闘している。とくに新宿のシネコンでは1日の上映回数が10回を超える万全な体制をとり、満席の回も出た。

 誘拐された若い女性(B・ラーソン)が長い年月監禁される。女性の尊厳、いや人間の尊厳が極限まで貶められる作品だ。そこから彼女はいかに脱出するのか。難しい題材だが、アカデミー賞受賞が好調な出足の理由の一つだろう。

 15日からは作品賞を受賞した「スポットライト 世紀のスクープ」が公開された。米ボストン・グローブ紙が強大な権力をもつカトリック教会の醜聞をあばいた問題作だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  8. 8

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る