映画「64」対談 佐藤浩市×瀬々監督の“昭和64年”の記憶

公開日: 更新日:

 わずか7日間で終わった昭和64年。昭和天皇崩御の2日前に発生した少女誘拐事件は通称「ロクヨン」と呼ばれていた。かつて「ロクヨン」の担当刑事だった三上(佐藤浩市)は広報官として事件の情報を集約し、記者クラブの統制を任されていた。「ロクヨン」の時効が1年後に迫ったある日、そっくりの誘拐事件が発生し――。

――おふたりの「昭和64年」当時の記憶は。

瀬々(以下、瀬) 昭和64年1月7日、僕はまだピンク映画の助監督で、先輩の監督と歌舞伎町で飲んでました。「翌日に年号が変わるから街を見に行ってきます」と午前0時に出たけど残念ながら、何ひとつ変わらなかったのを覚えています。

佐藤浩市(以下、佐) 当時は今より撮影が(日程的に)キツかったんですが、その日だけはほぼ全組が休んでいました。というか、休まされた。テレ東の連続時代劇をやっていて、現場に行ったら「今日は撮影なしです」と言われましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

もっと見る