• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画「64」対談 佐藤浩市×瀬々監督の“昭和64年”の記憶

 わずか7日間で終わった昭和64年。昭和天皇崩御の2日前に発生した少女誘拐事件は通称「ロクヨン」と呼ばれていた。かつて「ロクヨン」の担当刑事だった三上(佐藤浩市)は広報官として事件の情報を集約し、記者クラブの統制を任されていた。「ロクヨン」の時効が1年後に迫ったある日、そっくりの誘拐事件が発生し――。

――おふたりの「昭和64年」当時の記憶は。

瀬々(以下、瀬) 昭和64年1月7日、僕はまだピンク映画の助監督で、先輩の監督と歌舞伎町で飲んでました。「翌日に年号が変わるから街を見に行ってきます」と午前0時に出たけど残念ながら、何ひとつ変わらなかったのを覚えています。

佐藤浩市(以下、佐) 当時は今より撮影が(日程的に)キツかったんですが、その日だけはほぼ全組が休んでいました。というか、休まされた。テレ東の連続時代劇をやっていて、現場に行ったら「今日は撮影なしです」と言われましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る