日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第10回>日本歌謡大賞のステージに“乱入”してきた兄貴

営業に走り回っていた時代(提供写真)

語り 弟・山川豊

 僕が「函館本線」でデビューした1981年は、歌番組が華やかなころで、賞レースが16個くらいあった。同期は近藤真彦に竹本孝之、沖田浩之、ひかる一平、堤大二郎と若いアイドルばかりで、僕は22歳にして「山川おじさん」と呼ばれていた。

 芸能界というと、き…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事