<第12回>海を歌う歌い手が出てきたと言われた「兄弟船」

公開日: 更新日:
内弟子になって2年、いよいよデビューへ(提供写真)

語り 兄・鳥羽一郎

 実は「兄弟船」は俺のデビュー曲じゃなかったんです。船村徹先生の内弟子になって約2年。馬渕玄三という音楽ディレクターをモデルにした五木寛之先生原作のテレビドラマ「新・海峡物語」(1981年)の挿入歌でデビューの話があったけど、船村先生が「まだ早い」と言って断った。

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

  9. 9

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る