東尾理子 石田純一のピンチのため夫婦漫才も辞さない覚悟

公開日:  更新日:

「大した嫁さんだ」と、芸能関係者が絶賛するのはプロゴルファーの東尾理子(40)。先の都知事選出馬を断念した夫でタレントの石田純一(62)と初めて夫婦揃ってイベントに現れて、こんな笑いをとってみせたのだ。

「ダンナが休職中みたいになって、嫁が働かなきゃみたいなことになりまして……」

 苦笑いの石田が「何もなくてもありがとう、悪くなくてもごめんなさい、ですね」などと持論を展開すると、「あやしいことがあるからありがとう、何かあるからごめんなさいじゃないの~」とやり込めた。

「出馬騒動で政治色がつき、イベント出演という石田の仕事の一番の稼ぎどころすら失いかねないピンチにひと肌脱いだ。夫婦漫才までもやろうという決意がまたいい」と関係者。

 つくづく女の力で生きている男である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る