• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東尾理子 石田純一のピンチのため夫婦漫才も辞さない覚悟

「大した嫁さんだ」と、芸能関係者が絶賛するのはプロゴルファーの東尾理子(40)。先の都知事選出馬を断念した夫でタレントの石田純一(62)と初めて夫婦揃ってイベントに現れて、こんな笑いをとってみせたのだ。

「ダンナが休職中みたいになって、嫁が働かなきゃみたいなことになりまして……」

 苦笑いの石田が「何もなくてもありがとう、悪くなくてもごめんなさい、ですね」などと持論を展開すると、「あやしいことがあるからありがとう、何かあるからごめんなさいじゃないの~」とやり込めた。

「出馬騒動で政治色がつき、イベント出演という石田の仕事の一番の稼ぎどころすら失いかねないピンチにひと肌脱いだ。夫婦漫才までもやろうという決意がまたいい」と関係者。

 つくづく女の力で生きている男である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

もっと見る