政治色をTV局敬遠…石田純一がバラエティーから消える日

公開日:  更新日:

 都知事選への出馬を会見で表明しておきながら、すぐに取りやめた反動が予想以上に大きく、石田純一(62)は頭を抱えているのではないか。

 かつて小沢一郎が「担ぐ神輿は軽くてパーがいい」と言ったとされるが、石田神輿の軽さは世間の失笑を買っただけじゃない。

「出馬の条件として『野党統一候補ならば』とあげた作戦が傲慢に映ったし、会見に市民団体の関係者が同席していたことで、政治色がついてしまった。もう、バラエティー番組への出演オファーを出すところはないのではないでしょうか。何より立候補するならするで、結果いかんにかかわらず、最後までやり通した方がよかったと思いますよ。出馬断念会見をホテルの宴会場で開いたときは『売名』と揶揄する声も上がっていました」(テレビ局関係者)

 トレンディードラマのブームに乗って人気者になった石田は、数々のスキャンダルで芸能マスコミに追われることで、存在感を保ってきた。

 今回のドタバタもその流れと言えなくもないが、もう石田流も断念すべきか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る